法人会はよき経営者をめざすものの団体として会員の積極的な自己啓発を支援し納税意識および社会の健全な発展に貢献します。

部会長所信

(公社)仙台北法人会青年部会 部会長 清水 俊弘 コスモ警備 株式会社

平成28年度、公益社団法人仙台北法人会青年部会部会長を仰せつかりました清水俊弘です。歴史のある仙台北法人会青年部会の部会長としての責任を自覚し、会をさらに発展させるよう取り組んで参りますので宜しくお願い致します。

私は建設会社の経理部財務課で約15年の勤務を経て、平成15年5月に現在の会社の代表に就任しました。建設会社の一つの部門の経験しかない私が突然「会社の代表」、そして、会社の分裂、大幅な赤字会社の経営という、当時は毎日が戦場のような中で仕事をしていた記憶があります。そんなとき、仙台北法人会宮町支部の研修会だったと思います。なんとなく行ってみようと思い、参加してみたら、先輩から「青年部会に入ったら?」と誘われ、そのまま入会申込書を書いて即入会となり、青年部会活動がスタートしました。

私は、実は今回、部会長という大役を受ける際にとても迷いました。10年以上在籍しておりますが、恥ずかしながら、青年部会の目的をはっきりと理解していなかったからです。全法連の発行している「青年部会のあり方」という書類があります。指針には、青年部会の役割は「経営者及び法人会役員の後継者等の育成の場であるとともに、法人会活動推進の担い手」となっております。また、目的としては「研修会、親睦交流等を通じて次代を担う経営者としての資質向上を図り、法人会の行う事業活動に積極的に参画し、法人会活動の充実と活性化に寄与する」とあります。まとめると、「青年部会活動は次代の経営者の成長の場であり、青年らしい発想力、行動力で法人会活動に貢献する場である」であると私は理解します。

平成28年度の仙台北法人会青年部会は5つの目標を立てました。
①社業の発展ためのビジネスネットワークを構築し、部会員相互が研鑽を積み、人材育成に取り組みます。
会員企業が利益を出して適正な納税をすることが大きな社会貢献であると思います。そのためには、部会員が様々な事業で研鑽を積み、成長する。そして、青年部会の繋がりを自企業の発展に活かすことが必要であると思っております。そのためにも、ビジネス交流事業や勉強会等を開催して各自の研鑽を図ります。

②租税教育を中心に、様々な社会貢献活動に取り組み、地域の発展に寄与します。
租税教育は、年々、全国の単位会で活発になってきております。昨年度の全国青年の集い茨城大会に参加した方はお分かりだと思いますが、各単位会でオリジナルの租税教育を考えて取り組んでいる会も多く見受けられます。
北法人会青年部会は平成19年度から租税教育に取り組んでおり、宮城県内で見れば積極的な単位会と言えると思います。しかし、ずっと同じマニュアルで進めてきており、オリジナルのマニュアルではありません。租税教育の目的は、子供たちが「租税の意義や役割を正しく理解し、納税・使途に関心を持ち、納税者として自覚を育てる」であると思います。
我々の自己満足ではなく、子供たちが興味を持ってくれて、理解してくれるような租税教育を実施することが大事であり、我々らしいオリジナルの租税教育を実施して参ります。

③税についての事業を開催し、税のオピニオンリーダーとしての資質の向上を図ります。
このたび示された法人会の新しい「理念」では「税のオピニオンリーダーたる経営者の団体として、税の分野を中心として更に社会全体へ貢献していく」ということを明らかにしています。我々は様々な税の研修会や事業を通して経営者としての資質向上をし「税のオピニオンリーダーとしてのふさわしい人材となる」ことが必要です。
そして、様々な団体がある中、税務署との繋がりが最も強い団体であると思います。納税というとマイナスイメージを持っている方も多いと思いますが、より良き社会貢献をしていくためにも、これからは税の使い道についても、青年部会として考えていく時期がきたのではないでしょうか?

④青年部会活動を内外に発信し、部会員の増強に取り組み、認知度向上を目指します。
仙台北法人会青年部会では租税教育をはじめ、婚活事業や震災ドキュメンタリー映画の上映会など、様々事業を開催しております。今年度も仙台北法人会青年部会にしかできないような魅力的な事業を開催して内外へ発信して部会員の倍増を目指したいと思っております。

⑤コミュニケーション事業を通して会員が親睦を深め、信頼関係を強固なものとします。
ここにいるメンバーは、会社の経営者、経営幹部の方が中心であると思います。仕事で嫌なこともあると思います。そんな中、社外活動であるこの会は楽しめる会、楽しむ会であると思っております。事業を通して信頼関係を構築して、友人、時にはビジネスパートナーとなれるような仲間を作っていきましょう。

法人会青年部会活動は、お金と時間を使います。そのためには、会社の理解を得ることが必要です。各会社の代表であるという自覚を常に持って頂きたい。そして、法人会青年部会活動が皆さん、そして企業にとって、地域にとって活力となるような会にしていきたいと思っております。どうぞ1年間宜しくお願い致します。

このページの上部へ